個人でも出来る盗聴防止ポイント

盗聴を防ぐためにすること

盗聴について知っておかないと、どのように盗聴防止をすればいいのかわからないものです。
そして、自分の家、部屋は大丈夫と思っていても、本人が気がつかないだけで既に盗聴されている危険があることをまず自覚しましょう。

 

これは決して脅しで言っているのではなく、盗聴は気をつけることが出来れば個人でも十分防ぐことが出来るものなのです。

 

ポイントとしてあげたいのは、何時、誰が、何のために盗聴する可能性があるのかを知ることです。
盗聴器を仕掛ける犯人は自分の身近なところにいる人物の場合が多く、家に人が訪れ、部屋に上がった隙に設置するなどして仕掛けられることがあります。
今現在、自分が暮らしている家の中でコンセント周辺を見て、自分が設置した覚えのないプラグなどがありませんか?
プラグを模した盗聴器は一番設置が容易なもので、コンセントに挿すことで電源を得て、長時間稼動しているものです。

 

また、電気会社、ガス会社の作業員が家の中に上がりこんできて、何か作業をしていたなんてことはありませんか?

 

正規の電気会社やガス会社などが訪問して作業をおこなう場合には、事前に家人へ連絡がきて、それから作業日の指定をおこない、作業も家人の立会いのもとでおこなわれます。
もしも作業員が何も連絡をしてこないで家に訪問し、作業を行った場合、高い確立でその人物は怪しいと思ってください。
作業中に家の人の死角となるように作業をしたり、作業に立ち会う必要はない、と言ってきても怪しいです。

 

もしも気になったならば、来た作業員はどこの会社の者か? 本社へ連絡をしてみましょう。
作業をおこなうのが本当かどうかを確認することで、盗聴器の設置を防ぐことが出来、個人が出来る最良の盗聴対策となります。